育毛剤と睡眠不足

育毛剤と睡眠不足

髪の毛というものはとても目立つ位置にあるため、薄くなってしまうことを恐れる人はたくさんいるはずです。

 

薄毛への対策は脂質の多い食事を減らしたりシャンプーを刺激の少ないものを選び優しく洗う、タバコをやめる、ストレスを溜めないなど多くの方法があります。

 

そして育毛剤を使用するということが髪の毛にとって一番の効果が望めると思います。

 

他にも多くの対策法がありますが意外と知られていない対策を1つ紹介します。

 

それは睡眠をよくとるということです。

 

睡眠をとり体全体の健康状態を保つことはとても重要な事です。

 

髪の毛も例外ではなく頭皮や髪の毛の健康にも繋がります。

 

まず髪の毛は昼の間に紫外線などによってダメージを受けてしまいます。

 

この受けたダメージをいつ回復するのかというと睡眠中なのです。

 

そのため睡眠不足はそのままダメージの回復不足という結果になってしまうのです。

 

このダメージを回復する成長ホルモンが分泌されやすい時間帯が午後10時〜午前2時で、女性の間ではお肌のゴールデンタイムと言われ広く知られています。

 

午後10時には寝れなくとも午前0時に眠れば2時間はその恩恵に預かることができます。

 

毎日は難しくとも週に何日か午前0時に眠るようにすれば効果はあります。

 

このような対策をしっかりととったうえで育毛剤を使用すればかなりの効果が見込めるはずです。

育毛剤の効果を引き出すための取り組み

 

育毛剤の効果を引き出すために必要な取り組みの1つ目は、正常な頭皮環境を維持することです。

 

頭皮にフケや痒み、ニキビなどが発生している状態では、育毛剤の効果が出にくいです。

 

フケや痒み、ニキビは頭皮が何らかの原因によって発生しています。

 

ですから、原因を突き止めて頭皮環境を改善することが大切です。

 

頭皮環境が改善した場合は、維持するための努力も必要です。

 

育毛剤にはフケや痒みを防止する効果があります。

 

そのため、多少のフケや痒みであれば、育毛剤を使用しても問題ありません。

 

しかし、多少とは言えない状態の場合は、皮膚科を受診するのが賢明な判断と言えます。

 

育毛剤の使用は、頭皮環境が改善した後でも遅くはありません。

 

育毛剤の効果を引き出すために必要な取り組みの2つ目は、まずは適切な使用方法を試すことです。

 

1日に2回使用するというのが育毛剤の基本的な使用方法となっています。

 

使用回数を増やしたり、減らしたりなど、オリジナルの使用方法を実施するのは自由です。

 

しかし、オリジナルの使用方法は、推奨されていない以上、適切な方法とは言えません。

 

そのため、まずは適切な使用方法を試し、次にオリジナルの使用方法を実施することをお勧めします。